ホーム > 海図のはなし > 海図の分類

海図の分類

海図(Charts)は、海の案内図で航海をするうえに欠かせないものです。海図は使う目的によって種々に分類されており、一般に航海用に使用される図(「航海用海図」)と航海の参考用に使用される図(「特殊図」)とに分けられます。このほかに、海洋開発等に広く使用される「海の基本図」があります。

1.航海用海図 (Nautical Charts)

一般に海図といえば、航海用海図を指します。我が国では海上保安庁が刊行しています。

航海用海図は媒体によって、紙海図と電子海図に分けられます。

紙海図は一般的な大きさが1,085mm×765mm(新聞紙を広げて2枚並べたのと同程度)です。このサイズは「全紙」と呼ばれます。全紙の1/2、1/4サイズの図もあります(海図ガイド/海図を選ぶ/比較する/大きさによる比較 参照)。

航海用電子海図(Electronic Navigational Charts: ENC)は、紙海図に記載されている情報をデジタルデータに直したものです。利用するには、専用の表示装置やPC用表示ソフトウエアが必要です。

ENCの表示装置の例

ENCの表示装置の例

ENCの画面表示例(浦賀水道)(昼間)

ENCの画面表示例(浦賀水道)(昼間)

航海用海図は縮尺によって、次の5種類に分けられます。

1.総図 (General Chart)
地球上の極めて大きな区域を1つの図に収めたもので、主として航海計画立案用に、また長途の航海にも使用されます。遠洋航海計画の際に、大圏航法図(Gnomonic Chart)とともに使用されるのは、この種の海図です。縮尺1/400万よりも小縮尺のものがこの分類に入ります。
2.航洋図 (Sailing Chart)
長途の航海に用いられ、沖合の水深、主要灯台の位置、遠距離からの視認可能の自然目標などが図示してあります。縮尺1/100万より小縮尺のものがこの分類に入ります。
3.航海図 (General Chart of Coast)
陸地を視界に保って航行する場合に使用され、船位は陸上物標により決定できるように表現されています。縮尺1/30万より小縮 尺のものがこの分類に入り、日本近海は1/50万の縮尺の図で全部包含されています。
4.海岸図 (Coast Chart)
沿岸航海に使用するもので、沿岸地形が詳細に表現してあります。縮尺1/5万より小縮尺の図がこの分類に入り、日本沿岸は縮尺1/20万シリーズの図(一部 1/25万、1/30万の図を含む)で包含されており、船舶がふくそうする海域や大港湾へのアプローチ用として縮尺1/10万の図が刊行されています。
5.港泊図 (Harbour Plan)
港湾、泊地、錨地、漁港、水道、瀬戸のような小区域のものを詳細に描いたもので 縮尺はいろいろありますが、1/5万未満の大縮尺の図は、すべてこの分類に含まれます。

このほか国際海図(International Chart : INT Chart)があります。これは国際水路機関の決議により各担当国が分担刊行しているもので、全世界を覆う小縮尺海図の1/1,000万シリーズと1/350万シリーズの2種類があります。

このページの先頭へ戻る

2.特殊図(Miscellaneous Charts)

航海の参考に使用される図で、次のようなものがあります。海流図、潮流図、磁針偏差図、大圏航法図、パイロットチャート、位置記入用図、天測位置決定用図、漁具定置箇所一覧図、日本近海演習区域一覧図、ろかい船等灯火表示海域一覧図、海図図式などです。

北太平洋海流図 1, 2, 3月分

北太平洋海流図 1, 2, 3月分

鳴門海峡潮流図

鳴門海峡潮流図

北太平洋パイロット・チャート 1月

北太平洋パイロット・チャート 1月

北太平洋大圏航法図

北太平洋大圏航法図

このページの先頭へ戻る

3.海の基本図(Basic Maps of the Sea)

海図が航海専用の海の主題図(Thematic Map)ならば、「海の基本図」は海の多目的な利用(海洋開発、環境保全、防災等)に供する一般図(General Map)といえ、次の種類があります。

大洋の海の基本図

海底地形図、重力異常図、地磁気異常図があります。

日本近海 海底地形図 第1

日本近海 海底地形図 第1

日本近海 海底地形図 第3

日本近海 海底地形図 第3

日本近海 重力異常図 第2

日本近海 重力異常図 第2

日本近海 地磁気異常図 第2

日本近海 地磁気異常図 第2

大陸棚の海の基本図

縮尺別に1/20万、1/50万、1/100万の3種類があります。

四国沖(海底地形図)

四国沖(海底地形図)

四国沖(海底地質構造図)

四国沖(海底地質構造図)

沿岸の海の基本図

縮尺別に1/1万、1/5万の2種類があります。海底地形図は海底の起伏が詳細に描かれているため、釣りにも利用されています。

室蘭(海底地形図)

室蘭(海底地形図)

室蘭(海底地質構造図)

室蘭(海底地質構造図)

このページの先頭へ戻る

4.航海用参考図

海上保安庁刊行の海図は、どちらかといえば大型船向きです。当協会では、プレジャーボートなどの小型船の安全に役立つよう以下の図誌を発行しています。

ヨット・モータボート用参考図(Yチャート)

ヨット・モータボート用参考図(Yチャート) H-171W 「東京-千葉」

ヨット・モータボート用参考図(Yチャート)
H-171W 「東京-千葉」

国土交通省指定 沿岸小型船舶用参考図

プレジャーボートを運航する方のために、沖合から沿岸域にかけての目標・針路・障害物など、最新情報を盛り込みました。B3版・多色刷の図です。

プレジャーボート・小型船用港湾案内(Sガイド画像)ダウンロード

プレジャーボート・小型船用港湾案内(Sガイド画像)ダウンロード DH801-01 「浦賀水道」

プレジャーボート・小型船用港湾案内
(Sガイド画像)ダウンロード 
DH801-01 「浦賀水道」

国土交通省指定 沿岸小型船舶用参考図

プレジャーボートや小型船を運航する方のために、港湾、漁港、マリーナなどの図に、目標・針路・障害物などの最新情報を盛り込んだB5判の冊子版(2015年8月販売終了)に掲載されていた図を各ページ単位にしたPDF画像です。

航海用電子参考図(new pec)

ニューペック表示例

 「東京湾及び周辺」の一部表示例

国土交通省指定 沿岸小型船舶用参考図

沿岸域で活動するプレジャーボート等が手軽に利用できる新電子参考図です。詳細な海域情報を掲載。全区域色別表示。漁具定置箇所、マリーナ(Sガイドの小港湾画像表示)などマリンレジャーに有益な情報が満載。GPSを接続すると、自船位置の表示、航跡記録の保存も可能です。
対応OS:Windows XP,Vista,7
オプションデータ:「海底地形データ」「潮汐・潮流」

海図ネットショップ